松岡 杏奈

2歳半よりピアノ、4歳より作曲を始める。桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学音楽学部ピアノ科卒業。同大学院研究科を経て渡米、ジュリアード音楽院でクラシックを学びつつジャズピアノを本格的に始める。奨学金を受けニュースクール大学ジャズ&コンテンポラリー科に入学、名誉賞及び首席で卒業。
 

第15回長江杯国際音楽コンクールピアノ部門第1位、併せて中国駐大阪総領事賞受賞。第5回イタリアコンコルソMusicaArte大学院生の部金賞。2014日本ピアノオーディション専門Special部門グランプリ。第12回21世紀ピアノコンクールソロ部門第1位。


2020年、若手ジャズミュージシャンの登竜門である第7回ちぐさ賞にてグランプリを獲得。受賞の記事が朝日新聞、タウンニュースに掲載される。

副賞として、ちぐさレコードよりファーストアルバム「Wonder Forest」を2021年3月にリリース。

レコ発ライブを老舗ジャズクラブ「桜木町DOLPHY」で開催し満員御礼、ライブの模様がジャズ情報誌「HAMAJAZZ」に取り上げられる。

また、アルバムについての記事が朝日新聞、読売新聞、東京新聞、雑誌「東京人」、Disk Union公式HPにて紹介される。
 

ラヴェルのピアノ協奏曲ト長調を桐朋学園大学、東京芸術大学のメンバーによるオーケストラで共演する。桐朋学園大学 レインボウ21 サントリーホールデビューコンサートをプロデュース監督し、自身も演奏で参加。ジュリアード音楽院にて、映画「シーモアさんと、大人のための人生入門」で主演を務めるSeymour Bernsteinの公開マスタークラスに選抜される。


現在はクラシックとジャズを中心に積極的な演奏活動を行なっている。